少人数だからこそできる!丁寧なおもてなしウェディング

少人数のメリットは準備がラク!

結婚式にかかる準備期間は、平均して約半年から長い場合だと1年くらいかかります。式場を決めたり招待するゲスト決め、招待状の作成、席次、引き出物などなど。ゲストの人数が多ければ多いほど、この準備は大変になります。共働きのカップルの場合は、休みの日がほとんど結婚式の準備で終わってしまうといった事もあります。少人数であれば、3ヶ月もあれば十分です。つまり、ゲストの人数が準備期間に左右するといっていいと思います。

親しい人だけを呼べる!

規模の大きい結婚式は、職場の上司や同僚、そして新郎側と新婦側のゲストの数を調整したりと義理を立てるために人数合わせでゲストを呼んだりといったケースも少なくありません。そのような式の場合カップルはゲストのみんなに気を遣うので、思う存分式を楽しむという事が難しくなる事もあります。一方、家族や親しい友人だけを招待した小規模な式なら、そのような気遣いばかりでなく、リラックスをして式を楽しむこともできます。

ゲストとの距離が近くコミュニケーションもとれる

規模の大きな式になればなるほど、ゲストの一人ひとりと話をする時間が少なくなります。特に遠方から来られたゲストや普段会えない友人なら、少し時間をとって話したいですよね。少人数タイプの挙式であれば、ゲスト一人ひとりとゆっくり話せる時間も設けられますし、写真をとることも十分にできます。そして、大きな披露宴だと親族席は一番遠いところに配置されてしまいます。少人数タイプであれば、親族の方も他のゲストもみんな近くのテーブルに着くことができます。

少人数での結婚式を希望するには、経験豊かな式場のスタッフに相談をすることで、予算の都合に応じて日程を組むことが可能です。

Post Author: admin