知っておきたい!さまざまある結婚式の種類

挙式の形態による種類

挙式の形態として1つ目に挙げられるのは、「キリスト教式」です。ウェディングドレスを着て、ホテルや専門式場などに設けられたチャペルで式を挙げるというのが特徴で、親族以外の方(友人知人など)でも参加しやすいというメリットがあります。2つ目に挙げられるのは「神前式」であり、白無垢を着て神社やホテル、専門式場などで式を挙げるというのが特徴です。そして3つ目は「人前式」であり、立会人を証人にした無宗教のスタイル(自由なスタイル)が特徴になります。

会場によって分けられる種類

会場の種類として1つ目に挙げられるのは「ホテル」です。宿泊施設も兼ねているので、遠方からくる招待客にも便利ですし、有名なホテルであれば場所も分かりやすいというメリットがあります。2つ目は「専門式場」であり、結婚式に精通したスタッフがいるため、オリジナリティのある式を希望する場合に向いています。そして3つ目は「レストラン」であり、料理を重視したい場合や、少人数で式を行いたい場合に便利でしょう。さらに4つ目に挙げられるのは「ゲストハウス」であり、洋風の邸宅を貸し切ることでプライベートな雰囲気での式が挙げられるという特徴があります。

招待客の規模によって分けられる種類

結婚式は、一般的には多くの人を招待して大規模に行われるものですが、最近では小規模な結婚式を選ぶ人も増えています。まず「少人数ウェディング」と呼ばれるスタイルは、招待客が40名以下の場合を指し、職場関係者などは招待せずに、比較的親しい人たちだけで式を行うという特徴があります。さらに人数が少ない「ファミリーウェディング」と呼ばれるスタイルは、家族やごく親しい友人知人のみで式を行うというのが特徴です。また最近では、小規模なスタイルに合わせたプランを提供しているホテルや専門式場も多いため、比較的利用しやすいと言えるでしょう。

結婚式場を東京で見つけるには、大手の業者が主催するブライダルフェアなどのチャンスを見逃さないことが大事です。

Post Author: admin