婚約指輪でなくてもいいとなってしまった今の時代に何をあげるべきか

婚約指輪の意味は愛の証

婚約指輪というのは、結婚したいと思う相手に対して求婚の意味を込めて渡す証になるものです。これは昔から指輪だとされてきましたが、近年ではその概念はなくなり、相手の気に入るようなものを選ぶひとが増えてきています。例えば、おなじ身につけられる物としてネックレスであったり、耳につけるイヤリングやピアスであったりする場合もあります。それに時計やアクセサリーなどの場合もありますし、要するに相手が喜んでくれるものであればいいのです。

身につけてもらえるようなものを選ぶ

ですがなるべくなら身につけてほしいので、身につけられるようなものを選ぶのがいいでしょう。愛の証ですから、身につけてもらっていつでもそばにいるという思いを持って欲しいという意味です。ですが、それでも指輪を渡す人は一番多いです。婚約指輪と結婚指輪を重ねてつける人もいますので、婚約指輪もずっとつけてもらえるという思いがあるからこそ、選ぶのは大変です。どのようなデザインなら相手が喜ぶであろうかを考える時間は、楽しくもありプレッシャーでもあります。

指輪のデザインの選び方

婚約指輪には、昔ながらのダイヤが目立つようなデザインにするのか、目立ちはしないけれどもしっかりと入っている物にするのかでも大分イメージは変わってきます。ダイヤが目立つようなデザインだと、普段の生活の家事などでは邪魔になってしまうのでずっとつけられるものではありません。なのでいつのまにかつけなくなってしまうのが嫌だと思う人は、家事をしていてもつけていられるようなものを選ぶのがいいでしょう。それだけ選ぶのは大変だということです。

婚約指輪は、結婚に辿り着く最善の贈り物です。意中の彼女をその気にさせるのは、光輝く指輪であることは古今東西変わらないようです。

Post Author: admin